兵庫県神戸市灘区・六甲の矯正歯科・歯列矯正クリニック

さぎさか矯正歯科タイトルロゴ

barHOMEHOMEbar矯正治療bar医院・スタッフ紹介医院・スタッフ紹介barアクセスアクセスbarトピックトピックbar

治療期間について

治療期間

I期治療

軽度の叢生、空隙歯列などでは数ヶ月で終わる場合もあります。舌の癖を治すものや、骨格的要因の強い場合はさらに期間が必要となることがあります。

II期治療

早い場合では1年、時間がかかる場合では2年ほどの治療期間となります。I期治療を行っておりますと、II期治療の治療期間は短くなります。

保定

矯正治療後に、歯並び・噛み合わせが後戻りしないようにすることを保定といいます。
I期治療の後は犬歯が萌出するころまで保定を行うことがあります。
II期治療後は2年間ほど保定を行います。

無料カウンセリング案内無料カウンセリング案内