兵庫県神戸市灘区・六甲の矯正歯科・歯列矯正クリニック

さぎさか矯正歯科タイトルロゴ

barHOMEHOMEbar矯正治療bar医院・スタッフ紹介医院・スタッフ紹介barアクセスアクセスbarトピックトピックbar

こどもの矯正治療との違い

抜歯について

  • 歯を並べるスペースが足りない場合、成長過程にある子供では矯正装置であごの骨を拡大して、抜歯をせずに歯をきれいに並べられるケースが多いです。
  • ところが大人の場合、骨格が完成しているため、あごを広げることが難しくなります。歯を並べるスペースが不足しているのに、無理に並べようとすると歯を大きく外側へ広げて並べることになります。歯自体はきれいに並んでも、前歯が前にせり出し口もとの突出感がでてしまい、自然できれいな口もととなりません。このような場合は抜歯にご協力いただいております。
  • 近年、インプラントアンカーと呼ばれる小さなネジを骨に一時的に植えることにより、歯を抜かずに治療できることが多くなってきました。インプラントアンカーを効果的に使用し、なるべく歯を抜かないですむ治療をご提案させていただきます。

歯の動くスピード

  • 大人の矯正治療では、歯の移動がゆっくりで治療期間はこどもと比べてやや長くなることが多いです。それでも、多くの方は1年半から2年ほどで歯の移動を終えています。